なぜ絵の初心者にとってワンドロがイラスト上達のきっかけになるか

イラスト・デザイン
スポンサーリンク

こんにちは、シャモ(@ShamoEi_Shamo)です。

みなさんはワンドロという言葉は知っていますか?

ワンドロとは、1時間でお題にそって絵を描くというものを意味しています。

  • 絵を上達させたい。
  • 絵の初心者
  • ワンドロが気になる

という方に読んでいただきたいです。

僕は、2017年の4月くらいから毎週1回はワンドロに取り組んでいます。そのおかげか、絵が当時よりかは上手くなっているように感じますし、何より描けるものが増えました。

2年以上続けてみてわかった、ワンドロの良さを説明します。

スポンサーリンク

なぜ絵の初心者にとってワンドロがイラスト上達のきっかけになるか

その理由は、ズバリ

  • 1時間だけに集中できる
  • 絵を描くきっかけになる
  • 描く内容が様々なジャンルになる
  • みんなとやることで、作品を見てもらえる

ということになります。1つずつ説明します!

スポンサーリンク

1時間だけに集中できる

ワンドロの特徴は名前のとおり1時間で描くということです。

絵をしっかりと描こうと思うと、おそらく1時間以上かかることが多いと思います。しかし、1時間と制限することによって、より集中することができます。

また、1時間で終えられるので、長い時間に悩み続けたりしなくても良いのです。

ワンドロのよくある疑問として、1時間で描き終わらなかったらどうする??というものがあります。

僕の考えとしては、

ワンドロは描き終わらなくてもOK!

とりあえず、取り組むのが大事!

1時間で描き終わらなくても、終えてもいいと思います。

もし、1時間で物足りずまだまだ描きたいなら、ワンドロ後に時間をかけて取り組めばいいと思います。

こちらは3色のドラゴンです。左側がワンドロ、右側がワンドロ後に時間をかけて取り組みました。

やはり、時間をかける方が、見た目はいいです。笑

ワンドロでドラゴンを描いてみて、物足りないなぁとか、もっと描いたらもっといいのができる!と思ったので取り組みました。

ワンドロをして、1時間の絵と、あとで時間をかけた絵を比較すると自分が成長しているように見えて面白いです。

スポンサーリンク

絵を描くきっかけになる

ワンドロは描き始めのきっかけになります。

ワンドロは僕の場合、毎週グループで行なっています。

お題が出されて、1時間で描いて投稿する。というのを繰り返しています。

僕にとって、毎週のイベントのような物になっているので必ず週1で絵を描くことになります。

ワンドロは一人で取り組むのもいいと思います。

一人で取り組むメリットはワンドロに取り組む時間帯に縛られないことです。

しかしながら、何人かで取り組むのをおすすめします。

多人数で取り組むメリットは

  • イベント化(習慣化)する
  • 描いた絵を見てもらえる
  • 他の人の絵を見れる

イベント化することで、「あ、絵を描かないと」という気持ちになります。

絵を描くきっかけにすることによって、絵の初心者でも数をこなせます。

先ほどのドラゴンの例のように、1時間では飽き足らず、ワンドロ後に取り組んだりしました。

絵は描き始めが大変だったりします。始めるのが大変なのは、絵以外のことにも言えることかもしれません。

ワンドロは描き始めを打破してくれるイベントだと思います。

スポンサーリンク

描く内容が様々なジャンルになる

普段、自分が描く内容の絵とは異なるジャンルの場合が多いです。

というのは、毎週お題が決められて、それにそって描くからです。

僕のグループでは、お題はその日の昼くらいに集められて、夜にお題が3つ公開してワンドロに取り組みます。

自分が提案しなかったお題に取り組むことで、必然的に新しいものを描けます。

こんなものも描けるのか、とワンドロ後に思うことになり、絵の初心者でも勇気付けになります。

スポンサーリンク

みんなとやることで、作品を見てもらえる

これは、一人で取り組む人には関係ないと思いますが、多人数ならかなり重要です。

多人数で取り組むメリットとして

  • イベント化(習慣化)する
  • 描いた絵を見てもらえる
  • 他の人の絵を見れる

の3つをあげましたが、下の2つです。

イベント化していると、絵を描いて投稿すると、そのグループの人に見てもらえます。

ツイッターなどで行うと、いいねやリツイートがもらえるかもしれません。拡散されて、他の人の目に入る可能性もあります。

誰かのリアクションをもらえるという点で、かなり重要です。今後も続けようと思えますし、自分の絵に少しは自信がつきます。

また、グループで取り組むと、他の人のワンドロも見ることができます。

中には、ワンドロでこんなものが描けるのか!?!?というレベルのものを描く職人もいます。

自分はだめだ、と劣等感を抱くのではなく、しっかりと、すごいと思った絵を観察しましょう。

同じ時間に取り組んだということで、より絵に親近感を覚えることができます

絵を初めて描いたりすると、どうしていいか、よくわからなかったりします。

わからないことがあれば、グループのすごい人に聞いてみましょう。

絵を描く環境だったり、描く順序だったり参考になることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ワンドロのメリットについて書きました!

ワンドロを楽しみ、絵を描くきっかけになったら幸いです!

友達を誘って定期的にワンドロをしてみましょう!

「イラスト・お絵かき」をしたい人にはイラストアプリとしてCLIP STUDIO PAINT がオススメです!

シャモ
シャモ

初心者から上級者まで使えます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました